サブリース契約の注意点

通常のアパート経営は、物件の所有者である大家さんが入居者と賃貸借契約を結びます。

アパートを建てるために借金があれば、家賃を収入源として費用の回収します。

管理は自分ですることになりますが、家賃収入はすべて自分のものです。

空き室があれば、もちろん収入はありません。

一方、サブリース契約では、物件所有者はサブリース会社(不動産会社)に建物を一括で借り上げてもらい、サブリース会社から一定の賃料を得ます。

手数料を引かれるので、家賃のすべてが収入にはなりません。

それでも、管理も任せることができ、空室であってもサブリース会社から賃料が支払われる「家賃保証」があり、それが魅力になっています。

オーナーにとってのメリットがある一方で、近年、賃料減額をめぐるトラブルなどが発生しているとして、国交省と消費者庁が注意喚起をしています。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_011/

多額の借金をして投資したシェアハウスから、家賃保証契約が突然停止されるなどのトラブルも続いています。

住宅供給過多時代がやってくると言われている昨今、うまい話にはご用心。
このページのトップへ

迷惑メールを情報提供しよう

パソコンやケータイを使ってメールを利用していると、いつの間にか、不要な広告宣伝メールや意味不明のメールが届くようになります。

商品やサービス、サイトの宣伝などの「広告宣伝メール」。

お金や情報をだまし取ろうとする詐欺目的の「架空請求メール」。

法外なサイト利用料を要求する「不当請求メール」。

ウイルス感染を目的とする「ウイルスメール」。

かんたんな副業で高額収入が得られるなど詐欺の「お金儲けのメール」。

こうした受け取る人の意思に関わらず、勝手に送りつけられてくるメールのことを総称して「迷惑メール」と呼んでいます。


総務省が、こうした迷惑メール送信者の違法行為を取り締まるために、専門機関を設けて情報収集をしています。

方法は、私たちが受信した迷惑メールを転送することで情報提供します。

多くの情報が集まることで、行政がは迷惑メール送信者に処分を下すという仕組みです。

とりあえず転送するだけのようですから、プログラムをダウンロードしておいてはいかがでしょう。
http://plugin.antispam.soumu.go.jp/


このページのトップへ

東京都に地震が発生した時の地域危険度ランキング

東京都では「首都地震」発生の際の街(町や丁目ごとに約5千ヶ所)ごとの地域危険度測定調査を行い、「建物倒壊危険度」「地震火災危険度」「災害時活動困難度」「総合危険度」をランキング形式で公表しました。

調査はこれで8回目。

データは、特定の震源を想定せず、震度6強などの強い地震が起きたと仮定し、町丁目単位の5,177地域ごとに、地盤の特性や建物の構造、密集度などを調べ、倒壊や火災による被害の大きさを算出。

避難や救助に必要な道路の整備状況も考慮し、総合的な危険度を示しています。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_6/home.htm


総合危険度ランキング1位から5位は、荒川区、足立区、墨田区が占めます。

加えて、品川区南西部や大田区、中野区、杉並東部にも広がります。

災害はいつやってくるかわかりません。

そのとき、自分がどこにいるのかもわかりません。

ときどきは、もし今大きな地震が起きたらどうするか?考えてみるのもいいかもしれませんね。
このページのトップへ

その契約大丈夫?AV出演強要問題

インターネットで「高収入」、「アルバイト」で検索して見つけた募集広告から応募したら、アダルトビデオの撮影だった。


「チャットで会話するだけの仕事」と聞いていたが、画面越しに裸になったり、性的なことをするよう要求された。

「パーツモデルの仕事もある」と聞いていたのに、実際にはアダルトビデオの仕事だった。

このような一見すると問題のないアルバイトのようでも、それをきっかけに若い女性が性的な被害を受ける問題が発生していると内閣府が注意喚起をしています。
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/avjk/index.html


内閣府が実施した、若年層を対象としたインターネット調査でも、モデルやアイドルにならないかと勧誘されたり、自分から応募したりした女性のうち、同意していないにもかかわらず、性的な行為の動画撮影などを求められた経験のある人は約9人に1人。

折しも、4月はAV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間です。

トラブルに巻き込まれないためにも、被害の実態を知っておくことは必要ですね。

このページのトップへ

スマートマネー塾開催のお知らせ

横浜の桜も満開をすぎ、ひと息に春になりました。

最近、よく耳にする言葉が「人生100年時代」。
超長寿化社会ともなれば、現役時代に高収入、高スキルでも、将来にわたってそれが保証されるわけではありません。スマートマネー塾も、長寿化する社会を元気に生き抜くための、新しい知識やスキルの勉強に前向きに取り組んでいきます。

今回は、「家族の家族による家族の財産管理」と言われる「家族信託」がテーマです。
まずは、「家族信託」の基本的な仕組みから勉強してみましょう。

日時:平成30年4月20日(金曜日) 18:30~20:30

場所:横浜市青葉区「山内地区センター 第1会議室(1階)」
   (田園都市線・市営地下鉄「あざみ野駅」徒歩3分)
   http://yokohama-shisetsu.com/yama/
   
テーマ:「家族信託」ってナニ?
     
講師: 森久美子

参加費:800円(資料代等)


*「スマートマネー塾」は、FP資格取得講座の卒業生、お金の勉強に興味のある方ならどなたでも参加できます。お友達やお知り合いをお誘いあわせの上、気軽にご参加ください。


ご興味のある方はホームページからお申し込み(お問い合わせ)ください⇒http://fpmori.com/contact.php
このページのトップへ