FC2ブログ

時間単位で休みの取得が可能に(改正育児・介護休業法)

2021年1月1日から育児介護休業法が改正・施行されます。
https://jsite.mhlw.go.jp/hokkaido-roudoukyoku/hourei_seido_tetsuzuki/houkaisei_goannai/_120519_00003.html

これにより、企業には育児介護休業法に定める義務である「子の看護休暇」「介護休暇」を時間単位で取得させる義務が生まれます。

「子の看護休暇」、「介護休暇」はいずれも、企業が働く従業員に認めなければならない休暇のことを言います。

看護休暇は、子ども(小学校就学前の子)が病気やケガをしたとき、会社に申し出ることにより、子が1人の場合は年5日、2人以上の場合は年10日、休暇を取得することができる制度です。

休暇は、予防接種・健康診断を受けさせるといった幅広い理由でも取得が可能な休暇です。

また、介護休暇は、要介護状態にある対象家族((配偶者、父母、子、配偶者の父母、祖父母、兄弟姉妹、孫))の介護や世話をする場合、要介護状態の対象家族が1人の場合には年5日、2人以上の場合は年10日休暇を取得することができる制度です。

なお、看護休暇、介護休暇とも、取得時に必ず企業が給与を払うという義務までは課されていないので、取得する場合は会社の育児介護休業規程等を確認しておきましょう。

2017年1月から看護休暇・介護休暇は半日単位で取得させることが義務化されていました。
(その前2016年12月までは看護休暇・介護休暇は1日単位で取得させることのみが義務化されていた)。

そして今回2021年1月から、さらに緩和され半日単位ではなく時間単位で取得させることが求められることになったのです。

1時間単位で取得できるほうが、働く方にとっては柔軟で使いやすいですね。

育児や介護と仕事の両立を支援するための法制度が、少しずつですが整ってきていると言えそうです。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する