FC2ブログ

固定資産税、据え置きへ

固定資産税とは土地や建物、償却資産などにかかる地方税です。
https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/shisan/kotei_tosi.html

毎年1月1日時点の市町村の固定資産課税台帳に所有者として記載されている人に、支払い義務があります。

税額は、所有する固定資産の評価額(課税標準額)に、標準税率となる1.4%を掛けて求めます。
(自治体によって1.5%や1.6%などと異なる場合もあり)

評価額は3年に1度見直されます。

そのため、地価が安い時期・安い地域は固定資産税も安く、地価が高騰している時期や地域では固定資産税も高くなります。

来年度がちょうど見直しの年になるため、21年度から3年間は、今年1月1日時点の地価などを基準に税額が決まる予定でした。

政府は、2021年度税制改正で、地価の上昇で固定資産税が増える商業地や住宅地、農地など全ての土地の税額を1年間据え置く方針を固めました。

新型コロナウイルスの感染拡大による景気悪化を受けて、税負担が増えないようにするためです。

インバウンドの増加で、土地の評価が3倍にもなった地域もあったと報道されていましたから、負担の回避ができてホッとしているかもしれませんね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する