FC2ブログ

企業年金保険の利下げ

老後生活の支えとなる年金の中心は、国民年金・厚生年金の公的年金です。

これに加えて、勤務先によっては退職給付制度の一環として会社の負担で公的年金に上乗せして年金を支給する仕組みを設けています。

それが企業年金で、確定給付企業年金や企業型確定拠出年金などの種類があり、具体的な制度内容はそれぞれの会社で異なります。
https://www.pfa.or.jp/nenkin/nenkin_tsusan/nenkin_tsuusan01.html

企業規模が大きいほど実施率が高くなっています。

先日、第一生命保険が、企業年金保険の契約先に約束する運用利回りの予定利率を1.25%から0.25%へ1.0%引き下げると発表した。

予定利率を引き下げるのは2002年以来19年ぶりなんだとか。

2021年10月から適用します。

理由は、言わずと知れた、武漢発新型コロナウイルスの影響に伴う各国の利下げにより運用環境がきびしくなったから。

利率が下がると将来受け取れる年金額は減ってしまいます。

企業は年金の支払い原資を確保するため、拠出する掛け金を積み増すか、別の運用手段に切り替える可能性がでてきました。

第一生命保険と契約している企業が約3000社。

他の保険会社も追従するようになると、影響の出る人がたくさんいそうですね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する