FC2ブログ

所得金額調整控除

平成30年度の税制改正で、令和2年分の収入から給与所得控除が一律10万円引き下げられ、また、上限額が適用される給与等の収入金額を850万円、上限金額が195万円に引き下げられました。

そのため、年収が850万円を超える給与収入の人は原則増税となりました。

このことを受け、介護や子育て世代の負担が増えないよう、新しく「所得金額調整控除」という控除が創設されています。
https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/1411.htm


対象となるには、年収が850万円を超え、かつ、以下3つの条件のいずれかに該当する必要があります。
(イ)本人が特別障害者である場合
  (ロ)23歳未満の扶養親族がいる場合
(ハ)特別障害者である同一生計配偶者または扶養親族がいる場合

控除額の算出には、以下の計算式を用います。

ただし、年収1,000万円を超える場合は、「給与等の収入金額(年収)」は一律1,000万円で計算します。

控除額 = { 給与等の収入金額(年収)― 850万円 }× 10%

年末調整でこの適用を受ける人が、別途「所得税額調整控除申告書」の提出が必要になるので、対象になる人は理解しておくほうがいいですね。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する