FC2ブログ

水道料金値上げ(横浜市)

横浜市が、今年3月、水道料金を2021年4月から平均10~12%値上げすると発表しました。

横浜市の水道の基本料金は、2か月分で1738円(使用水量0~16立法メートル)。

毎月15立方メートルを使用する世帯が最も多いので、多くの人が基本料金内ですんでおり、値上げ後は、約1912円~1947円程度となります。

その後、新型コロナ禍での値上げに批判の声が出たことで、2021年4月から2021年7月への延期を発表しました。
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/suido-gesui/suido/suidoujigyou/default2020022509.html

値上げをしたい理由は、水道収入の減少。

横浜市に限らず自治体の多くは、人口減少や水道設備の老朽化対策などのため、現在の水道料金では事業を維持できなくなると予想されています。

水道は高度経済成長期を中心に整備され、現在の普及率は98%。

その代わり、水道管が老朽化。

法定耐用年数40年を経過した管路(経年化管路)は15%あり、法定耐用年数の1.5倍を経過した管路(老朽化管路)も年々増えています。

管路だけでなく浄水場などの施設の老朽化も課題です。

横浜市に限らず、この先値上げを選択する自治体は増えそうですね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する