FC2ブログ

在職老齢年金と働き方

人生100年時代。

60歳以降どころか、65歳を過ぎても働き続けようと考えている人も増えてきました。

働き続けて保険料を支払っていれば、年金の額も増えることになりますね。

注意するのは「在職老齢年金」という仕組みがあること。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/zaishoku/index.html

在職老齢年金は、年金の月額と、総報酬月額相当額(その月の標準報酬月額と1年間の標準賞与額の12分の1)を足した額が基準額を超えると、超えた額の2分の1が減額されるというもの。

基準額は、現在は65歳未満は28万円、65歳以上は47万円。

65歳未満の基準額も47万円に引き上げの予定です。
(65歳未満から年金がもらえるのは、男性が1961年4月1日、女性が1966年4月1日以前に生まれた人)

基準額を超えなければ心配する必要はありませんが、超えたとしても、年金はカットされてもお給料が減るわけではないので、年金は気にせず、バリバリ働くという選択もありかもしれませんね。




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する