FC2ブログ

DV被害で避難している人が「特別定額給付金」を受け取る方法

武漢発新型コロナウイルス対策の一環として、すべての国民に10万円を支給するのが「特別定額給付金」。

2020年4月27日を基準日として、住民基本台帳に登録されている人を対象に給付されます。

手続きは世帯単位で、世帯主が手続きすると、家族すべての分が世帯主の銀行口座に振り込まれる仕組みです。
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html


でも、DVによって配偶者から避難している人は、今住んでいる市区町村に住民票を移すことができない場合が多々あります。

配偶者が世帯主であれば、避難している人の「特別定額給付金」も世帯主の銀行口座に振り込まれてしまい、受け取ることができません。

そこで、DVを理由に避難している場合は、その旨をいま住んでいる市区町村に申し出ると、自分で受け取ることができます。

この手続きには、DVであることを証明するために、次の2つの書類のいずれかが必要となります。

(1)婦人相談所、配偶者暴力相談支援センターなどが発行する証明書。市区町村が発行する「DV被害申出確認書」

(2) 裁判所の「保護命令決定書」の謄本または正本

(1)の証明書や確認書は、市区町村に相談すれば発行してもらえます。

子供などの同伴者がいる場合は、その旨も書類に明記すれば同伴者の分も「特別定額給付金」が受け取れます。

これらの書類がない場合でも、保護命令付きで住民票を移す方法があるので、あきらめずにもよりの役所の窓口に相談するこ とが大切です。

手続きの期限は4月30日。

あまり余裕がありませんね。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する