FC2ブログ

新型コロナの影響で「失業」や「シフト減少」は、アルバイト/パートの6割以上

ディップ総合研究所が、アルバイト/パートを対象とした「新型コロナウイルスによる仕事への影響調査」の結果を公開しています。
https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=404

2020年3月から4月に行なわれたインターネット調査に、全国のアルバイト/パート5,000人が回答。

今回の武漢発 新型コロナウイルスによって、仕事に影響が出ている人は62.7%。

そのうちの26.2%は「とても影響が出ている」と答えています。

就業日数・時間(シフト)への影響を尋ねる項目では、「休業することになった」人は8.4%。

「シフト(仕事時間)が減った」を加えると41.8%と、4割超える人が 就業日数・時間への影響を感じています。

特に、イベントは9割以上、サービスやフード・飲食は6割以上と、「就業への影響」を高く感じているという結果です。

今後の就業への不安をたずねる項目では、収入面が大きな課題となっていることも改めて浮き彫りになっています。

「緊急事態宣言」が全国に拡大されたことによって、営業の自粛を迫られた店舗が多く、アルバイト/パートをとりまく環境は、厳しさを増すばかりですね。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する