FC2ブログ

厚生年金、パートに拡大

パートなど短時間働く人の厚生年金加入を促すための改正が、行われそうです。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/zensedaigata_shakaihoshou/

現在は、パートなどの短時間労働者については、従業員数が501人以上の会社で働く場合に厚生年金への加入が義務付けられています。

加入には、以下の条件をすべて同時に満たす必要があります。

週所定労働時間が20時間以上
月額賃金8.8万円以上
1年以上の使用見込みがある
学生等でないこと

もし従業員数が500人以下の会社で働く場合は、週所定労働時間が20時間以上から30時間以上に引き上げられます(それ以外の条件は同じ)。

今回の「パートへの厚生年金の適用拡大」は、500人以下の会社で働くパートが対象です。

加入条件の境界線となっている「従業員数500人」の数値を「従業員50人」まで引き下げることで適用となるパートを増やそうというもの。

当然、社会全体としてみたら年金制度の維持のため、加入者(年金負担をしてくれる人)が増えることはよいことです。

難色をしめしているのは、厚生年金に加入していないパートを多数抱える会社。

厚生年金は労使折半です。

厚生年金への加入を義務づけられるパートが増えるとその人数分だけ会社も厚生年金を負担することになり、経営に影響を及ぼす大きな問題です。

また、パートの中でも手取りが減るから加入したくないと考える人、老後に受け取れる年金が増えるなら加入したいと考える人がいます。

パートで働く人にとっての働き方改革といえるかもしれませんね。



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する