FC2ブログ

ふるさと納税、34%の団体が実質赤字

2018年度のふるさと納税の実績が総務省から発表されました。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/archive/

受け入れ金額は約5,127億円(対前年度比:約1.4倍)、約2,322万件(同:約1.34倍)。

もちろん断トツトップは、大阪府泉佐野市の497億円(2,502,250件)です。

新制度を控え、豪華な返礼品を目当てにした駆け込みも多かったとのこと。

ふるさと納税るは、名称は「納税」ですが制度上は「寄付」にあたります。

任意の自治体に寄付をして、その寄付金額を自分が今居住する地方自治体へ申告することにより、翌年度に住民税から寄付分が控除される制度です。

2018年の寄付による2019年度の住民税控除が最も多くなったのが横浜市で136億円。

横浜市に住む人がほかの自治体に寄付した分、当然横浜市の税収は減ります。

返礼品に目がくらんでふるさと納税をしたはいいけど、住んでいる自治体のサービスが低下しちゃったら、元も子もないと思うのですけどね。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する