FC2ブログ

100歳以上の人、7万人超え

厚生労働省が、敬老の日を前に、全国の100歳以上の高齢者は7万1238人となり、初めて7万人を突破したと発表しました。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177628_00003.html

100歳以上の人の数は、昭和38年には全国で153人でしたが、昭和56年に千人を超え、平成10年に1万人を超えました。

そして、平成24年には5万人を超え、今年は71,238人(前年比+1,453人)。

7万人を超えました。

そのうち女性は62,775人。

全体の9割弱。

100歳まで生きることが、稀なことではなくなる日も近いかもしれません。

これからは、生まれてから20年間教育を受け、45年間働き、リタイアして年金んと受け取りながら老後15年間を過ごす、といったライフプランは成り立たなくなるかもしれません。

だからって、年金の受け取り開始年齢が80歳とか85歳になちゃても困りますけどね。



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する