FC2ブログ

最低賃金、全国平均901円

最低賃金(時間給)は、使用者が従業員に最低限支払わなければならない賃金のこと。

最低賃金には、「地域別最低賃金」と「特定最低賃金」の2種類があって、「地域別最低賃金」は、産業や職種にかかわりなく、各都道府県内の事業場で働くすべての労働者とその使用者に対して適用される最低賃金のことです。

都道府県に1つずつ、全部で47件の最低賃金が定められています。
https://pc.saiteichingin.info/

先週、2019年度の全国の最低賃金の目安を27円引き上げて時給901円となることが決まりました。

三大都市圏は28円上がり、東京都と神奈川県は初めて1000円を超え。

大阪府は964円となります。

10月をめどに改定される予定です。

もともと最低賃金は、一般の賃金水準よりは相当低位にある労働者のために、「賃金の最低額を保障し、労働条件の改善を図るとともに、労働者の生活の安定、労働力の質的向上を目指す」ものです。

最低賃金さえクリアしていればOKというものではありません。

国は、最低賃金の引き上げを通じて、雇用者全体の報酬の拡大を目指しているようですが、かえって賃金上昇が抑えられてしまっているなんてことはないのかしらね。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する