FC2ブログ

孤独死は男性が8割以上。

日本少額短期保険協会が、「第4回 孤独死現状レポート」を公開しています。
http://www.shougakutanki.jp/general/index.html

協会に加入している少額短期保険会社が孤独死によって支払った保険金のデータを持ち寄り統計化したものです。

今回のレポートでは、2015年4月から2019年3月までの孤独死のデータ3,392件を基にしています。

3,392件中、2,804人(83%)が男性で、女性は588人で17%。

圧倒的に男性が多いことがわかります。

また、孤独死をした人の平均年齢は「61.3歳」。年齢別の分布を見ても、男女とも「60代」が一番多くなっています。

死亡原因は、病死が6割を超える一方で自殺の占める率も高く、孤独死者の死因の11%を占めています。

「親族」や「友人」といった知り合いに見つけてもらえた人は、3割しかいません。

首都圏では、今後「単独世帯」の増加が続きます。

増加するだけではなく、高齢化も進みます。

普段から人と連絡を取っておくことは、大事なことですね。




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する