FC2ブログ

「情報銀行」が日本でスタート

先日、世界初の試みになる「情報銀行」が日本でスタートするというニュースが流れました。

情報銀行、ききなれない言葉ですね。

情報銀行とは、個人から預かったデータをその個人の同意する範囲で運用し、そこから得た便益は個人に還元する仕組みです。

例えば7月からサービスを開始するスカパーJSATは、視聴履歴や好きなスポーツチームなどの嗜好などを外部企業に提供する対価として顧客への視聴料割引を実施。

みずほ銀行が出資する個人融資サービスのJスコアは、年収や学歴などを基にAIが顧客を6段階に分類、顧客がスコアの外部提供に同意すれば現金や電子マネーの提供や金利引き下げなどで優遇する予定です。


膨大な個人情報を抱えるアメリカのGAFAに対抗する制度、という感じでしょうか。

情報銀行については、日本IT団体連盟が総務省と共同で指針を作成、個人情報保護のルールを決めています。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/information_trust_function/02tsushin01_04000563.html

日本IT団体連盟に認定依頼をして、団体が審査で"問題なし"と判断すれば、国のお墨付きがもらえるということのようです。


収集した個人情報を対価なしで活用されるのも気分のいいものではありませんが、割引や還元で釣る怪しげな情報銀行が乱立するのも困りますね。





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する