FC2ブログ

働き手が減っている!?

総務省が2018年10月1日時点の人口推計を公表しています。
https://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html

外国人を含む総人口は前年より26万3千人少ない1億2644万3千人。

これは8年連続のマイナス。

働き手の中心となる15~64歳の生産年齢人口は51万2千人減り、全体に占める割合は59.7%。

65歳以上の人は3557万8千人で、過去最高の28.1%。特に70歳以上が20.7%で初めてを20%突破。

内閣府の資料によると、「人口急減・超高齢化に向けた現状のままの流れが継続していくと、労働力人口は2014年6,587万人から2030年5,683万人、2060年には3,795万人へと加速度的に減少。」

「総人口に占める労働力人口の割合は、2014年約52%から2060年には約44%に低下。」

「働く人よりも支えられる人が多くなる。」

とのこと。

こういう数字が並ぶと、気が付かないうちに”人口減少なら移民受け入れも仕方ないか”と思わされちゃいますね(^^;

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する