FC2ブログ

65歳以降の失業給付、「高年齢求職者給付金」

雇用保険には「高年齢求職者給付金」という制度があります。
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_basicbenefit.html

65歳以上で離職した人に対して、「基本手当」(いわゆる失業手当)の代わりに給付されるお金です。

雇用保険であることに変わりはないので、通常の失業手当と同じく受給には条件が3つあります。

まずは、 離職していること。

再就職の意思があり、いつでも就職できるが仕事が見つからない状態であること。

最後が、 離職する以前に雇用保険に6ヶ月以上加入していることです。

給付金は失業認定を行った日に支給決定されます。

失業認定は一般の受給資格者のように4週に1度支給されるのではなく、1回限り。

金額は、被保険者であった期間が1年以上の場合は、基本手当の50日分。

1年未満 だと30日分です。

基本手当は、離職前の6カ月間の賃金をもとにして計算されます。

イメージとして、現役時代の月給の半月分~多い人で1か月半くらいという感じでしょうか。

高年齢求職者給付金は、年金と合わせて受給することができ、再就職の意思や雇用保険の加入期間が6ヶ月以上あれば「高年齢求職者給付金」は何度でも受け取ることが可能です。

当座の生活費の足しになる程度のお金ですが、仕事が見つかるまでの支度金と考えればいいかもしれませんね。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する