FC2ブログ

集団訴訟をプロジェクト化して支援するサイト「enjin」

「enjin(円陣)」は、集団訴訟を起こしたい被害者を集めて弁護士とつなぐ、集団訴訟プラットフォームです。
https://enjin-classaction.com/

運営するのは、クラスアクションという会社。

昨年の5月にサービスを開始したところ、SNSを通じて登録者数が急増しています。

enjinではまず、被害者が集団訴訟プロジェクトを立ち上げて、同様の被害に遭った人にプロジェクトへの参加を募ります。

一定数の被害者が集まったところで、enjinに登録した弁護士にプロジェクトが紹介され、弁護団を形成。

その後は弁護士主導で裁判外、裁判内での解決を目指していくという流れです。


払ったお金が何も返ってこない、というような詐欺事件では、1人あたりの被害額は10万円とか20万円が多く、一方訴訟を起こすとなると、弁護士費用が1件あたり30万円を超えてきます。

30万円ぐらいまでの少額被害者の多くは泣き寝入りをしているのが現状です。

でも、30万円の弁護士費用でも、30人集まれば1人あたり1万円の割り勘に!

保守的なイメージの強よかった法曹界ですが、今後もこんな取り組みが増えるといいですね。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する