FC2ブログ

がん「末期」は記載不要に-介護保険

公的介護保険の申請ができるのは、原則65歳以上の人が対象です。

ただし、40歳以上で65歳未満の人で「特定疾病」に該当する場合は、65歳になっていなくても介護保険を利用することができます。
https://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/nintei/gaiyo3.html

認められる疾病は16の病気。

「おおむね余命が6月間程度であると判断されたがん」もその中の1つです。

申請する際には、当然疾病の名前を記入しなければなりません。

厚生労働省が、先日「末期がん」と書かずに「がん」とだけ記載するのを認める事務連絡を各都道府県に出しました。


事務連絡では、「がん」とだけ書いた申請者に「特定疾病に該当するかどうかを確認する必要はない」とし、確認する場合でも「『末期がん』などの表現ではなく、介護保険サービスを利用し得る状態であることを主治医に確認したかどうかに留めるといった、申請者の心情に配慮した対応でよいこととしています。

「“末期”と書くのはつらい」との声が数年前から上がっていて、これに応えた形です。

必要なサービスを受けるための申請が「告知」になってしまうことが、避けられるといいですね。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する