FC2ブログ

平成29年分の国外財産調書の提出状況

国税庁から、「平成 29 年分の国外財産調書の提出状況について」が、公表されまています。
https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2018/kokugai_zaisantyosyo/kokugaizaisan_tyosyo29.pdf


「国外財産調書」は、その年の 12 月 31 日においてその価額の合計額が5千万円を超える国外財産を有する居住者が、翌年3月 15 日までに当該財産の種類、数量及び価額その他必要な事項を記載して、税務署長に提出するものです。


提出することにより、もし調査で申告漏れが見つかった場合でも、加算税が5%軽減されますが、逆に提出していなくて、調査で申告漏れが見つかった場合は、加算税が5%加重されます。

今回公表された平成29年分の提出状況を見ると、総提出件数 は9,551件。

内訳は東京局6,154件(64.4%)、大阪局1,331件(13.9%)、 名古屋局699件(7.3%)、その他1,367件(14.3%)。

また、財産額は 3兆6,662億円。

東京局2兆7,485億円(75.0%)、大阪局4,274億円(11.7%)、 名古屋局1,906億円(5.2%)、その他2,996億円(8.2%) となっています。

総財産額の半分以上(52.5%)が有価証券となっていて、預貯金が約17%で続きます。

無申告で加算措置を受けた件数は194件。

国外財産調書の加算ルールは、通常と比べて厳しく適用されると考えていたほうがいいようですね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する