FC2ブログ

自動車にかかる税金が変わる?

自動車は、購入するとき、保有しているとき、動かすときにそれぞれ税金がかかります。

たとえば自動車取得税は、名前のとおり自動車の取得に対して課税される税金で、都道府県及び市町村の道路整備の費用として使われます。

自動車重量税は、新車購入時と車検の際に自動車の重量等に応じて課税される税金です。国税なので、国に対して申告・納税します。

また、自動車税は、4月1日現在自動車を登録・所有している人が納める道府県民税です。

燃料となるガソリンや軽油には、税金が上乗せされているので、給油のたびに税金を納めていることになります。

前提となっているのが、各人がガソリン車を保有していること。

最近は、電気自動車(EV)やカーシェアリングが普及しはじめ、政府は自動車関連税制の抜本改革に着手する方針です。

新聞記事によれば、今後は走行距離などに応じた課税を検討する見通しとのこと。

具体的な中身はこれから決まるようですが、普通車も軽自動車くらいの税負担にしてもらいたいですね。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する