FC2ブログ

年下の妻がいると支給される加給年金

「加給年金」は年下の妻がいる場合に、その妻が65歳になるまで夫の厚生年金に加算される年金です。

夫が65歳に到達して年金を受け取り始めたときに、扶養している妻が65歳未満であれば支給されます。

年金の家族手当のようなもの。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kakyu-hurikae/20150401.html


残念ながら、妻が年上だと支給されません。

夫が会社員や公務員で20年以上、厚生年金や共済年金に加入して保険料を払い続けていることが条件で、国民年金だけを払っている自営業者などにはない仕組みです。

金額は年間で一律22万4300円(2018月年度)。

さらに、夫の年齢に応じて特別加算が上乗せされます。

夫が1943年(昭和18年)4月2日以降に生まれた人の場合で16万5500円が上乗せされます。

合計で年間38万9800円が支給されることになりますね。

そして、妻が65歳になると加給年金の支給は打ち切り。

理由は妻が基礎年金をもらい始めるから。

代わって、妻の年金には「振替加算」と呼ばれる上乗せ部分が付きます。

金額は、妻の生年月日により違いがあり、昭和31年4月2日~昭和32年4月1日の妻の場合で年間4万4,860円。

急に少なくなりますね。

年金を65歳から受け取らず、先送りする「繰り下げ」をすると、受け取りまで加給年金は支給されません。場合によっては全く受け取れないこともあるので要注意。

公的年金て、古い家族観がまだまだ生きている制度ですね(^^;

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する