FC2ブログ

はじめての住宅ローン控除

住宅ローン控除は、住宅ローンを利用してマイホームを購入した人が受けられる税額控除のことをいいます。

その年の最後の住宅ローン残高に応じて、所得税から税額控除されてお金が戻ってくる制度です。

控除される期間は10年。

控除限度額は1~10年目の年末次点のローン残高等✕1%(最大40万円)。

制度の適用を受けるには、所得が3,000万円以下であることや返済期間が10年以上の住宅ローンであることなど、いくつか要件があります。
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/05_1.htm

要件をクリアした人でも、黙っていてはお金は戻ってきません、必要な書類を揃えて税務署へ申告が必要になります。

必要になるのは、「確定申告書」「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」「マイナンバーがわかるもの(個人番号カード)」「建物・土地の登記事項証明書」「建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)の写し」「源泉徴収票」「住宅ローンの残高証明書」など。

確定申告の時期になって慌てないよう、前もって準備しておくのがおススメです。

ただし、一度確定申告してしまえば、2年目からは年末調整の対象になるので2つの書類を用意して勤務先に提出するだけでOK。

10月下旬頃に税務署から送られてくる「年末調整のための住宅借入金等控除証明書」と、金融機関から送られてくる「残高証明書」を、年末調整の際に会社に提出します。


住宅ローン控除は、過去に何度も適用期間の延長や制度の見直しが繰り返されてきました。

来年10月の消費税アップに合わせた新しい控除も検討されているようですから、これからマイホームを買う予定の人は要チェックですね。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する