FC2ブログ

冬物の衣服・履物」の詐欺・模倣品サイトに注意!

インターネットの通販サイトで商品を購入したものの、「商品が届かない」「偽物が届いた」「事業者に連絡しても返事がない」といったトラブルが頻発しています。

特に、日本の消費者が、冬物の衣服・履物(ダウンジャケットやブーツ等)を購入する11月から1月にかけて、詐欺・模倣品サイトが多く登場する傾向にあると国民生活センターが注意を呼び掛けています。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20181023_1.html


「SNS上 の広告で見つけた通販サイトでダウンジャケットをクレジットカードで購入した。「在庫処分80%OFF」とあったが、サイト内もしっかりとした作りになっており迷わず購入。ところがいつまでたっても商品は届かず、連絡を取ろうとしたが、サイト内に連絡先が見当たらなかった」

「広告メールを見て、有名ブランドの公式サイトと書かれていた通販サイトでブーツを購入した。粗悪な模倣品が届いたので、事業者に返金してほしいとメールをしたが返事がない」

などといった被害が典型です。

こういった詐欺は、手口がだんだん洗練されて見破りにくくなっていくのが特徴の1つです。

以前の詐欺・模倣品サイトでは、サイト内の日本語の「字体」及び「文章表現」がおかしいものが多く見られましたが、近年は簡単には見分けることができない詐欺・模倣品サイトが多くなっています。

「大幅な割引」から、近年は割引率を一定程度に抑えるサイトも見られるようになってきており、「大幅な割引」をしないことによって消費者を信頼させようとしている例も出てきました。


普段利用しない通販サイトで商品の購入を検討する場合は、業者の住所の記載があるか。住所の記載の場所がおかしくないか(調べてみたら田んぼの真ん中とか)。

業者への連絡方法が、問い合わせフォームやフリーメールだけになっていないか。

サイトURLの表記がおかしいくはないか。

などなど、用心深くチェックすることが大切のようです。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する