FC2ブログ

高額医薬品が保険の対象外に?!

先日、財務省の財政制度等審議会分科会が、社会保障費の抑制に向けた改革案を示したという報道がありました。
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/index.html

改革案では、高額な医薬品については、費用対効果を勘案し公的保険の対象から外すことも検討するよう提案しています。

高額な医薬品といえば、ノーベル生理学・医学賞の本庶佑さんの研究成果を活用したがん治療薬「オプジーボ」が有名です。

従来の抗がん剤とは作用が根本的に異なる画期的な新薬です。

ドラッグストアなどで買える薬と違い、こうした医師が処方する医療用医薬品は健康保険などの公的医療保険の対象のため、すべての薬の値段を国が製薬会社と相談して決めています。

オプジーボの薬価は成人男性の患者が1年間使うと3000万円以上もかかると話題になりました。

公的医療保険では、現役世代の患者なら使った費用の3割が自己負担。

さらに所得に応じて自己負担を一定額に抑える「高額療養費制度」があるので、患者負担はそう大きくはなりませんが、公的医療保険の負担が増えれば、その分財政は厳しくなります。

公的医療保険制度の維持のため、費用対効果を考慮すべきだという議論も理解できないわけではありませんが、費用対効果ってどうやって測るんでしょうね(^^;

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する