FC2ブログ

軽自動車の任意自動車保険料

何かと税金面で優遇されている軽自動車。

任意保険も例外ではなく、普通自動車と比べ月で3~5千円程度は安くなっています。

自家用普通乗用車などの場合、「型式別料率クラス」が採用されていて、1契約あたりの保険金支払いが多い型式はこの料率クラスの数字が大きくなり、保険料は高くなる仕組みになっています。

軽自動車の場合は、これまで事故などに関するデータの蓄積が少ないといった事情から、この「型式別料率クラス」が採用されておらず、保険料は一律でした。
(もちろん等級や走行距離、補償内容が異なれば保険料にも差がでます)

損害保険各社でつくる「損害保険料率算出機構」が2020年1月から、軽自動車の自動車保険料を型式に応じて3段階に分ける方針を発表しました。
https://www.giroj.or.jp/

今後は最大で1万円程度の差がでる見込み。

軽自動車でも、安全性の違いで保険料にも差がでるようになるということですね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する