FC2ブログ

ふるさと納税見直しへ

豪華すぎる景品がたびたび問題になるふるさと納税ですが、いよいよ制度が見直されそうです。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zeimu04_02000062.html

政府は寄付金に対する自治体の返礼品の額の割合が3割超の場合や、返礼品が地場産品でない自治体への寄付は税優遇の対象からはずす方針です。

ふるさと納税は自治体に対する寄付金から2千円を引いた額が、所得税や住民税から控除される仕組み。

故郷や応援したい地域の活性化に役立てるのが本来の狙いですが、実際には自治体からの返礼品目当ての人も多く、自治体のほうも徐々にエスカレート。

街おこしとは関係の薄い、海外のホテル宿泊券や外国のワイン、宝飾品、商品券などを送付するケースも。

総務省はこれまでも、礼品に望ましくない具体的な品目を示して自治体に要請しましたが、あくまで努力目標のため応じない自治体も多く、今後は違反した自治体を制度の対象から除外する予定。

寄付をするほうからすれば、なにが悪いの!?というところなのかもしれませんが、自分がどこの自治体の行政サービスを受けて暮らしているのかも考えるといいですね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する