FC2ブログ

投信で損失、個人の半数

「投資信託を保有する個人投資家の半数近くが損失を抱えている――。金融庁が投信を販売する銀行に実施した調査で、こんな実態が明らかになった。」

日経新聞の記事です。


金融庁が、都銀や地銀の計29行を対象に2018年3月末時点の運用損益を調査しました。
https://www.fsa.go.jp/index.html

すると、損失を抱える顧客は46%と全体の半分近くに。

金融機関が勧めてくる投資信託が、個人にとってちっとも長期の資産形成に結びついていない、というのは周知の事実。

むしろ、記事にあったように「損失率が10%以下の個人が全体の35%ともっとも多かった」というのは、それでも、まあまあ投資環境がよかったから、その程度の数字だったという印象です。


記事では、『金融庁幹部は「金融機関のトップは手数料収入の多寡は気にしても、顧客がもうけられているかは見向きもしてこなかった」』というコメントを載せています。

でも、一緒に見て見ぬふりしてきたってことはないのかしらね。




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する