働く高齢者の年金減額縮小へ

公的年金には、60歳以降働きながら年金を受け取る場合、給料と年金月額の合計額が一定額を超えると、年金が全部又は一部がカットされる制度があります。

在職老齢年金といいます。

支給停止の対象者は現在、約126万人。

計1兆円程度の年金が支給されずにとどまっています。

受け取る年金が減らないように意図的に働く時間を短くする高齢者もいるため「就労意欲をそいでいる」との批判もありました。

政府は、この在職老齢年金制度を見直す方針を固めました。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/08/s0828-4g.html

在職老齢年金を廃止すると、今まで支払われなかった年金が高齢者に支払われようになります。

年金の支払額は増えても働く高齢者が増えれば人手不足が緩和され、経済にとってはプラスになるとの判断です。

65歳くらいでは、悠々自適の老後にはまだまだ先の時代がやってきますね(^^;

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する