FC2ブログ

銀行窓口で契約した外貨建て生命保険のトラブル

『銀行の窓口で500万円を定期預金にしてほしいと伝えお金を渡した。

その際に窓口の職員から「普通預金口座に入れておくので、来週もう一度来てほしい」と言われたので、次回定期預金の書類を渡してもらえると思っていた。

翌週、銀行に出向いたら別室に案内され、銀行の職員などから何やら勧誘を受けた。
定期預金の書類を受け取りに来ただけなのに、どうして勧誘をするのかと不思議に思ったが、差し出された書面に署名し押印した。

帰宅後、資料を見た家族から「外貨建ての終身保険契約をしたことになっている」と言われて驚いた。

投資経験もなく投資性の強い生命保険の契約をするつもりはないので、すぐにクーリング・オフの手続きをした。
しかし、クーリング・オフをした後、返金は支払った500万円ではなく外国通貨で行われるため、損失が出るという説明が保険会社からあった。

納得できない。』

このような事例が後を絶たない、と国民生活センターが注意をしています。
http://www.kokusen.go.jp/jirei/data/201805_1.html


銀行窓口では、生命保険の販売が行われています。

でも、預金者はそのことに気づかず「預金と思って契約した」「生命保険の契約とは知らなかった」とトラブルになる場合がみられます。


最近は外貨建ての生命保険の販売が主流となっていることもあり、外貨建て生命保険に特有のトラブルも生じています。

「フィデューシャリー・デューティー」なんて言葉だけは先行していますが、どこかの銀行の無理な不動産融資の問題もあったように、本当のところは、契約当事者にとって適したものであったのかなんて二の次なんだってことでしょうね。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する