FC2ブログ

相続税対策のつもりが元本割れ・・・銀行窓口での保険契約

「定期預金が満期になり、銀行に行ったところ、窓口で「相続税対策になる」と言われ、よく理解は出来ないまま、1千万円と5百万円の契約をした。

銀行が保険を勧誘するとは思っておらず、元本保証の定期積立のつもりだった。

先日、運用状況通知が届き、外貨建ての15年満期の保険だと知った。80歳代の私には長期保険契約は必要ないし、元本も減っていた。契約の際には元本割れのリスクの説明は受けていない。」



このような、銀行の窓口で勧められたので預金のようなものだと思ったり、元本保証だと思ったりして、長期間の保険商品を契約してしまったという相談が、高齢者を中心に増えている、と国民生活センターが注意情報を出しています。
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen303.html


投資経験がないのに、リスクが高い外貨建ての保険商品を勧誘され契約したケースも多いようです。

投資詐欺と紙一重ですね(^^;




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する