贈与税の申告

所得税の確定申告真っ盛りですが、同時に今は贈与税の申告時期です。

贈与税は、個人から財産をもらったときにかかる税金です。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/zouyo31.htm

自分が保険料を負担していない生命保険金を受け取った場合、あるいは債務の免除などにより利益を受けた場合なども、贈与を受けたとみなされて贈与税がかかることがあります。

贈与税の課税の方法は、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つ。

一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から、基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかるのが「暦年課税」。

「相続時精算課税」を選択し、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額から2,500万円の特別控除額を控除した残額に対して贈与税がかかるのが「相続時精算課税」。


申告と納税は、財産をもらった人がします。

期間は、財産をもらった年の翌年2月1日から3月15日の間。

「相続時精算課税」を利用する場合には、納税額がないときであっても財産をもらった年の翌年2月1日から3月15日の間に申告しなければいけません。

また、「贈与税の配偶者控除の特例」などを使い、贈与は受けたけど結果的に贈与税はゼロという場合にも、必ず申告が必要になります。

具体的な続き方法などは、国税庁のHPなどに詳しく載っているので、あ、そうだったと思い当たる人は、早めに手続きしましょうね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する