FC2ブログ

60歳の崖

平成25年に改正高年齢者雇用安定法が施行され、企業は定年後も働きたい社員を65歳まで雇用しなければならない決まりになりました。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koureisha/topics/tp120903-1.html


ただし、8割の企業は嘱託などで再雇用するなど、年収は50代で受け取っていた額の3分の1程度に下がるのが現実です。

60歳になると、ガクっと収入が減ることから「60歳の崖」などと呼ばれます。


先週の日経新聞には、定年を段階的に65歳に引き上げ、給与を60歳前と比べて平均約75%の水準で維持するとする会社の例などあげ、定年や再雇用で収入が減る「60歳の崖」改善の動きを報じていました。


65歳まで収入が確保されたとしても、ただ崖が先送りされただけじゃ老後難民は免れません。

崖を乗り越えられるかどうかは、50代で膨らんだ生活費を、思い切ってダウンサイジングできるかどうか、いつそれに気がつくことができるかにかかってそうですね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する