FC2ブログ

自動車保険と弁護士費用特約

自動車を所有していれば、当然の義務と感じて加入するのが自動車保険。


万一のことを考えたら当然ですが、当たり前すぎてなんとなく余分な特約は省いて、できるだけ保険料を安くすることが選択の基準になっていませんか。


普通、事故を起こした時は、保険会社が本人の代わりに相手との間で示談交渉を行ってくれます。


ただし、一般的に自分に過失がないようなケース(つまり自分の過失が0%で相手側が100%)では、保険会社や保険代理店は直接、示談交渉をしてくれません。


たとえば、信号待ちや停車中に後ろから追突された場合などが当てはまります。

もらい事故の場合は、相手方との交渉は自分自身で行う必要があるわけです。

相手がケガの治療費やクルマの修理代の支払いなど、誠意をもって対応してくれればいいのですが、なかなか交渉が進まず弁護士に頼んで交渉してもらうといった場合に役立つのが「弁護士費用特約」。

特約を利用するとその範囲であれば、事故受傷の直後から相手や相手方保険会社との面倒な交渉から訴訟までの一切を弁護士に委任することができます。

もちろん、自分にも過失がある、という場合でも利用できます。


保険料も年間数千円程度の場合が多いので、ついていない人は見直す際に検討するといいですね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する