年金開始70歳以降も可

老後の生活の支えとなる公的年金。

先週、国が公的年金の受給開始年齢を70歳以降も選択可能にすることを検討中、といったニュースが流れました。

え、年金の受給開始年齢が70歳以降になるの?!と驚いた人も多かったかもしれませんね。


老齢年金は、1階部分にあたる老齢基礎年金も、2階部分にあたる老齢厚生年金も支給開始年齢は原則65歳です。

老齢厚生年金には生年月日と性別によって、60歳から受け取りができる「特別支給の老齢厚生年金」がありますが、男性は昭和36年4月2日以降生まれ、女性は5年遅れの昭和41年4月2日以降生まれの人の場合、「特別支給の老齢厚生年金」は支給されないので、老齢厚生年金も65歳からの支給開始となります。


と書くと、ほとんどの人は65歳から全額受け取れるんだ、と思いますね。

でも、日本の公的年金制度には、繰上げ受給、繰下げ受給という制度があり、実質「60歳から70歳の間で、自分で受け取り時期を自由に選べる」制度です。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kuriage-kurisage/index.html

65歳受け取り額を100と考えると、60歳では70(70%)、70歳では140(140%)になり、この比率は受給している間ずっと変わりません。

1か月ごとに繰上げ、繰下げが選べるので、自分は66歳と5カ月で受給しよう、ということもできるわけです。


年金制度は今でも、60歳から70歳の間で自由に受給時期を選べる制度なのですから、これからは自分の働き方や老後の過ご方によって70歳過ぎても、自分で時期を選択する時代になった、と思えばいいんじゃないかしらね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する