え!子どもの未婚は親の責任?

未婚率が上昇し、晩婚化が進展していることを背景に、親に結婚相手紹介サービスの情報を提供したり、親が子の代理としてお見合いをしたりするなどの結婚相手紹介サービスが増えてきました。

こうしたサービスの中には、悪質なものも含まれているようで、国民生活センターが注意を呼び掛けています。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20171019_1.html


その1.
娘の結婚を心配していた母が、県外の業者からの電話に応じ、後日来訪した業者から説明を受けた。業者に、結婚相手に望む条件を出したところ、「条件に合う会員はたくさんいるので大丈夫」と言われたため安心し、登録料、月会費、情報提供費等約40万円を支払って契約した。

その際、契約について「2週間ほどは娘さんや周囲の方には内緒にするように」と言われたが不審だ。

その2.
「結婚相手紹介サービスの説明に伺いたい」と電話 があり了承、翌日業者が訪問してきた。
「来年までに結婚できるようにする。ゴールインさせる実力が当社にはある。月に2~3回紹介する」等と説明され、5万円の入会金を払い親用の会に入会した。

しかし、何度催促しても誰も紹介されない。

など、中には解約しようとして高額な違約金を請求された例も。


結婚紹介トラブルでは、勧誘を断っている親に対して「娘が結婚しないのは親の責任だ」と責め、自宅まで来て勧誘を行うなどのように、業者が親の不安に付け込み、断っているのに執拗に勧誘を行い、トラブルになるケースも多いようです。

子どもの未婚は、親の責任じゃないですよね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する