孤独死保険?!

賃貸住宅の入居者が部屋で亡くなると、原状回復や遺品整理に多額の費用がかかったり、場合によってはその後なかなか借り手が見つからなかったりすることがあります。

そんな大家さんの損失をカバーする保険が「孤独死保険」。

内閣府の調査によると、65歳以上の一人暮らし高齢者の増加は、昭和55(1980)年には男性約19万人、女性約69万人で、高齢者人口に占める割合は男性4.3%、女性11.2%。

ところが、平成27(2015)年には男性約192万人、女性約400万人と増加し、高齢者人口に占める割合は男性13.3%、女性21.1%になっています。

それに伴い、増加しているのが「孤独死」。


「孤独死保険」の多くは、家主が保険料を支払い、家主が補償を受けるタイプですが、入居者が加入して保険料を負担するタイプの保険も登場しています。
http://saas4.startialab.com/acti_books/1045173795/19782/

これからは、入居者が加入するタイプが主流になるのかもしれませんね(^_^;)

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する