プロテクトライン付き投資信託

プロテクトラインをつけた投資信託が発売され、投資初心者に人気(売りやすいということかも)のようです。
http://www.amundi.co.jp/fund/focus/protect_series.html

投資信託など価格が変動する金融商品は、価格が下落した時にはどのくらい下がって損失が出るのかわかりません。

プロテクトラインを設けた投資信託は、損失を被った場合の目安を投資家にわかりやすく見えるようにした商品です。

プロテクトラインは運用成績の向上とともに上昇し、一度上昇したプロテクトラインは下がりません。

具体的にいうと、設定時のプロテクトラインは1万口あたり9000円でスタートします。

運用を行っていき、基準価額が1万600円に到達すると、同日からプロテクトラインは10000円に上昇します。

さらに基準価額が1万1111円に到達すると、同日からプロテクトラインは日々の基準価額の最高値の90%になっていきます。

もし、基準価額がプロテクトラインまで下落した場合は、保証契約によりプロテクトラインを下回ることなく繰上償還されるという仕組みです。

購入価格よりプロテクトラインが上回った人にとっては「利益確定」、プロテクトラインが購入価格を下回った状態で繰上償還された人にとれば「損切り」になるわけです。

コストはかかっても、利益確定や損切りが苦手という人向きの商品かもしれませんね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する