銀行カードローンと総量規制

先日、金融庁が足元で残高が増えている銀行カードローンについて、実態把握のために立ち入り検査を行なう、という報道がありました。

金融庁では、専用ホットラインで利用者からの情報も受け付ける予定です。
http://www.fsa.go.jp/news/29/ginkou/news_menu_g.html

立ち入り検査で、業務運営の実態を詳しく把握し、早期に多重債務の発生抑止や利用者保護の徹底につなげたい考えです。

立ち入り検査は月内に開始、10行程度の検査を実施します。

銀行カードローンは貸金業法の総量規制の対象外で、多重債務の温床になっているとの指摘がされてきました。


貸金業法は、消費者金融などの貸金業者や、貸金業者からの借入れについて定めている法律です。

多重債務が社会問題となった平成18年に改正され、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができなくなるという「総量規制」や、上限金利は利息制限法の水準(貸付額に応じ15%~20%)となる「上限金利の引き下げ」が行われました。


銀行カードローンも消費者金融もほとんど同じことをしているし、金利もほとんど同じなのに、なぜ総量規制の対象外なのでしょう?

理由は、貸金業法の総量規制はあくまで消費者金融などの貸金業を規制する法律だからです。

銀行は、銀行法という法律の規制をうけて営業しているため、対象外になったわけです。

総量規制以上の借入がしたければ、銀行カードローンを利用しましょうと言ってるみたいですね。





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する