インフラファンドの利回り

東京証券取引所には、インフラ施設を投資対象としたインデックスファンド市場があります。

インフラファンドとは、鉄道、道路、空港、港湾などの施設、あるいは太陽光発電施設といったの長期で安定した収入が見込めるインフラに投資するファンドです。

仕組みはREITと同じで、たくさんの投資家から集めた資金でインフラを保有し、そこが生み出す定期的な収益を投資家に分配金として還元します。


第1号は、昨年6月に上場した「タカラレーベン・インフラ投資法人」。

全国の大規模太陽光発電施設に投資するファンドです。

現在は、3本のインフラファンドが上場されています。
http://www.jpx.co.jp/equities/products/infrastructure/issues/

3本とも太陽光発電設備に投資するファンドですが、太陽光発電所は20年間の「固定価格買取制度」があるため、一度確定した買取価格および買取期間は、原則満期まで変更はありません。

たとえば、いちごグリーンインフラ投資法人 (9282)の1口あたり予想分配金は、2018年6月期が7,180円、2019年6月期が7,120円。

現在の株価は、10万2000円程度なので平均配当利回りに直せば、7%程度。


まだ市場規模が小さく流動性について不安がありますが、これから上場銘柄数も増えてくれば魅力も増してくるかもしれませんね。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する