サラリーマンのお小遣い事情

新生銀行では、1979年のレイク時代から30年以上(91、93、94年は非実施)にわたって「サラリーマンのお小遣い調査」を実施しています。
http://www.shinseibank.com/cfsg/questionnaire/

2017年の調査によると、男性会社員の毎月のお小遣い額(昼食代含む)は平均3万7,428円。前年より445円減少し、1979年の調査開始以来、2番目に低い金額となりました(最低額は1982年の3万4,100円)。

女性会社員のお小遣い額は同449円増の3万3,951円。


この水準が多いのか、少ないのかは人それぞれ感じ方は違いますが、それでもバブル期の1990年の76,000 円の約半分の水準。

それだからか、無理な出費はせず、使わずに我慢する傾向が引き続き増加しているようです。。

男性会社員の1回当たりの飲み代は、外での飲み代が5,286円、自宅での飲み代2,615円。

そもそも「お酒を飲まない人」も26.9%と4分の1以上いました。

昼食代は男性会社員が590円、女性会社員581円。と、前年とほぼ同水準。



1985年ころは「タクシー乗車(を控える)」が節約術のトップでしたが、今は7位となりタクシーに乗らないのは当たり前。

代わって、「水筒を持参する」「弁当を持参する」なんていう節約が上位に来ています。

時代が変われば、お小遣いの節約術も変わるようです。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する