入院中の食事代・・・

入院期間中の食事にかかる費用は、健康保険から支給される入院時食事療養費と、入院患者が支払う標準負担額でまかなわれています。

患者が負担する額は、平均的な家計における食事を参考にして厚生労働大臣が定めることになっています。


平成28年までは、入院中の食事にかかる自己負担額は1食につき260円でしたが、その負担額は段階的に引き上げられ、平成29年現在は1食につき360円となっています。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000117203.html


さらに平成30年4月1日からは1食につき460円の自己負担へと値上がりすることが決まっています。

1日あたりで考えると、460円×3食=1,380円。

入院していなくても食事代はかかるので、生活コストの一部と位置づけられているからのようです。

とはいえ、入院期間がひと月に及べば医療費以外に食事代が4万1400円かかることになります。

もちろん低所得者や長期入院患者への配慮はされているので全員一律に値上げというわけではありません。

それでも、今後は病院食を断る人もでてくるかも、しれませんね。



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する