70歳以上の高額療養費の自己負担が増えはじめた

「高額療養費制度」は、毎月の医療費が一定の金額を超えた場合に、超えた部分を健康保険が負担してくれる制度です。


例えば、医療費が100万円で自己負担割合が3割の人の場合、自己負担額が30万円となり、3割といっても家計には負担になります。

でも、高額療養費制度があるので、上限額を超えた部分の負担はなく、実際の支払いは一定額以下にとどめることができます。

69歳以下の人で、年収約370~約770万円の区分の人だと、1か月(月初~月末)8万円+α程度が自己負担の上限になります。


上限額は、収入や年齢によって変わりますが、健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療制度などの制度に関係なく利用できます。

この高額療養費制度について、平成29年8月に改正があり、「70歳以上」の自己負担額の上限に関する規定が変わりました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html

具体的には、一定以上の年収がある人の場合は、69歳以下と同じ自己負担額へ引き上げられます。

70歳以上の人の場合、「 外来については、入院よりも自己負担額が少なくなっている」「「現役並み」の収入があっても、69歳以下よりも自己負担額が少ない」という特徴があります。

これを、現役並みに収入があるなら、負担は69歳以下の人と同じでいいよね、という方向に改正されたわけです。

変更は2段階で行なわれ、まず1段階目が8月に行われました。

移行期間が終わる来年8月分からは、さらに引き上げられる予定です。

年齢が上がっても収入に応じた負担はしていきましょう、という時代になったということですね。



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する