最低賃金 全国平均で25円のアップ、時給は848円

最低賃金は、企業が従業員に最低限支払わなければならない賃金のこと。

毎年、労使が参加する厚生労働省の審議会で引き上げ額の目安を示し、それをもとに都道府県ごとに決められます。
https://pc.saiteichingin.info/


2017年度の最低賃金について厚生労働省の審議会が先週、全国の平均で25円の引き上げ。

時給848円とする目安を示しました。

秋くらいには、示された目安をもとに都道府県ごとの最低賃金が決まるようです。


最低賃金について政府は毎年3%程度引き上げていき、将来的に全国平均で時給1000円とする目標を掲げています。

このまま3%程度のアップが続けば、再来年には時給1000円が目前になります。


まだまだ十分とはいえませんが、働く人の収入が増えるのはいいことですね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する