労災で健康保険を使ってしまった・・・

病気やケガをして病院に行く場合、まず健康保険証を手に受診するのが一般的です。

ほとんどの人が、当たり前のこととして実践していますね。

ただし、仕事が原因による病気やケガ、通勤途中に負ったケガなどの治療をする場合は、健康保険ではなく労災保険から補償を受けることになっています。

つまり健康保険は使いません。


労災保険の保険料は、会社が従業員の病気やケガなどを補償するために加入するものなので、全額会社が負担しています。

負担がないので、加入している意識が薄く、うっかり健康保険証を使って受診してしまうこともあります。


健康保険を使って病院を受診すると、窓口でかかった医療費の3割(70歳未満の場合)を自己負担しますね。


でも、労災保険にはこの一部負担金がなく、自己負担なしで医療を受けることができます。


さらに一定の障害などが残った場合は障害(補償)給付、亡くなった場合は遺族(補償)給付が支給されるなど、健康保険より手厚い給付が受けられます。


労働災害で病院に行く際には、健康保険は使わないようにしましょう。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei26.html


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する