今年は住宅の買いどき?!

平成29年2月~3月に、住宅金融支援機構が「平成29年度における住宅市場動向について」というアンケート調査を行い、結果を公表しています。
http://www.jhf.go.jp/about/research/other_house_trend.html

調査では、住宅事業者、一般消費者、FP(ファイナンシャルプランナー)の三者からの回答結果をまとめています。

さて、その中で「平成29年度は平成28年度と比べて住宅は買い時」かという質問に、住宅事業者53%、一般消費者52.8%に対し、FPは67.2%が買い時と回答しています。

FPさん、かなり高い割合です。

買い時として理由の1位は、「マイナス金利導入による住宅ローン金利の一段の低下」で69.2%。

ただし、前回は93.1%だったのでポイントとしてはかなり低下。

2位は「金利先高観があるから」で51.3%。


確かに、住宅の「買い時」が金利の影響を受けるのは当然ですが、自分の暮らし方やライフプランによってタイミングは人それぞれです。

お金のプロ(かな?)が購入を勧めているなんて、思わないほうがいいですね。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する