モデル契約トラブル、AV出演強要に注意

「モデルにならない?」「テレビの撮影に協力してほしい」・・・・・。

こんな勧誘を受けた若い女性が、性的な行為の撮影などを要求されるケースが相次いでいることが内閣府の調査で分かりました。

調査は昨年12月、15歳から39歳までの女性2万人に実施。

このうち勧誘を受けたりモデルなどの募集広告に応じたりした経験のある人は5248人。

その中から2575人に詳細を尋ねました。

勧誘された時の年齢は、10代から20代前半が大半。

社会経験が少なく、危険性に対する判断力や対応力の未熟さ、法律を知らないこと、困窮等に付け込まれてしまうようです。

実際に契約に至ったのは197人。

うち53人(27%)が契約の際には聞かされていない性的な行為や撮影を求められ、契約を交わしていないのに要求された人も60人。


要求を受けた人のうち、友人や家族、警察などに相談した人は36人。

はずかしさや後ろめたさ、周囲から誤解される恐怖等から誰にも相談できず孤立してしまう姿も浮かび上がります。

女性に対する暴力の相談窓口は、増えています。

1人で悩まず相談することが大切ですね。

http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/avjk/
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する