話題のこども保険

「こども保険」が話題になっています。

「こども保険」と聞くと、保険会社が販売している子どもの教育資金を積み立てることを目的とした保険を思い浮かべますが、そうではなく、厚生年金や国民年金の保険料に上乗せする社会保険のようです。


お金のかかる高等教育のための保険かと思いきや、集めた保険料は、小学校入学前のこどもを対象に給付金として支給します。

結果、実質保育料や幼稚園料が無料化になる、というもの。

いずれは上乗せ料率を0.5%として1兆7,000億円確保し、一人当たり月25,000円を支給するというものです。


どこかの名前の変わった党が公約したこども手当みたいですね。








このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する