銀行の名前

三菱東京UFJ銀行が、来春に名称を「三菱UFJ銀行」に変更するとういうニュースを見ました。

平成になり、バブル経済の崩壊、金融ビッグバンを経て、銀行持ち株会社の解禁、銀行同士の合併、グループの再編、異業種の参入などなど、大きな変化の中で銀行名も「あれ?もとはどんな名前の銀行だったけ?!」ということが多くなりました。


「三菱東京UFJ銀行」に関していうと、1996年に「東京銀行」と「三菱銀行」が合併して「東京三菱銀行」に。

2001年になると、「三和銀行」と「東海銀行」が合併し「UFJ銀行」となり、この2つの銀行が2006年に合併して「三菱東京UFJ銀行」が生まれました。
https://www.zenginkyo.or.jp/article/tag-h/7454/


うっかり何かの書類の銀行名記載欄に「東京三菱UFJ」と書いて、「銀行名が違っています」なんて差し戻されちゃったことがありましたっけ(^_^;)


その他のメガバンクだと、「富士銀行」「第一勧業銀行」「日本興業銀行」の三行が分割・合併して「みずほ銀行」と「みずほコーポレート銀行」に。

その後、2013年「みずほ銀行」と「みずほコーポレート銀行」が合併して現在の「みずほ銀行」になりました。

「三井住友銀行」は、1990年に「太陽神戸銀行」と「三井銀行」が合併して「太陽神戸三井銀行」となったあと、1992年に「さくら銀行」になりました。

ほとんど同じころ、「あさひ銀行」という名前の銀行も生まれて、元の名前がなんだったのかこのあたりから全然わからなくなりましたね。

その後、「さくら銀行」と「住友銀行」が合併を行し、現在の「三井住友銀行」になりました。

中で働いていた人も大変だったでしょうね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する