医療情報の見極め方

どんな人でも、病気になり精神的に不安定な時には、自分の信じたいことを信じたくなります。

不安になると、いつもの冷静さを失ってしまうかもしれません。

そんな時は、不安をやわらげてくれる情報につい頼りたくなってしまうこともありますね。

情報に接する時には、「本当かな?」と立ち止まって問いかけ、安易に答えを出さない・・・そうした思考の習慣を身につけているかどうかで、結果が異なることもあります。

厚生労働省では、民間療法をはじめとする代替え療法や補完療法と、どのように向かいどう利用すればよいかを考えるためのサイトを立ち上げています。
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html

各種パンフレットなどをダウンロードすることもできます。


安全性や有効性が確認されていない情報に惑わされ、不幸な結果にならないように気をつけたいものですね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する